コメントがあればご自由に in じょうてんなページ

  総所得 (税引後)
 基本給 / 雑所得
健康保険年金雇用保険所得税住民税
2006年度
(D2)
  2,400,000 (2,194,600)
  2,400,000 (学振DC)
10,500 165,640 29,260 
2007年度
(D3)
  2,400,000 (2,115,850)
  2,400,000 (学振DC)
50,600 165,650 37,600 30,300 
2008年度  3,423,698 (2,870,339)
  3,423,698 (国立天文台PD)
147,600 273,645 20,534 68,050 81,600 
2009年度  4,682,520 (4,101,300)
  4,368,000 (学振PD)
  0,314,520 (明星大非常勤講師)
118,600 173,310 139,810 149,500 
2010年度  4,344,000 (3,537,015)
  4,344,000 (学振PD)
290,065 177,400 111,020 228,500 
2011年度  4,660,300 (3,932,720)
  4,344,000 (学振PD)
  0,316,300 (明星大非常勤講師)
193,300 176,460 130,820 227,000 
2012年度  5,633,280 (4,552,972)
  5,317,800 (宇宙研PD)
  0,315,480 (明星大非常勤講師)
159,720 450,240 26,588 190,060 237,500 
2013年度  5,488,860 (4,361,544)
  5,168,200 (宇宙研PD)
  0,320,660 (明星大非常勤講師)
171,171 491,133 25,841 171,591 246,400 
2014年度  5,481,161 (4,263,725)
  5,163,200 (宇宙研PD)
  0,317,961 (明星大非常勤講師)
175,890 517,223 25,816 184,057 336,800 
2015年度  3,535,996 (2,684,193)
  3,535,996 (名古屋大PD)
172,481 305,768 17,675 56,779 299,100 
2016年度  6,624,000 (5,261,175)
  6,624,000 (国立天文台PD)
271,956 637,873 26,496 250,332 161,100 

年度区切り。年末調整の還付・確定申告の追納税・寄附金控除なども含む。
給与には非課税交通費が含まれているが、研究助成金は含まない。ただし、研究助成金による確定申告所得税は含む。
年度をまたいで支払う住民税は払った時点の年度に加算。
全体でだいたいの額ということで。


学振研究員や宇宙研研究員の給与は web で応募要項を見れば誰でもわかるが、実際こんなもんです。
年々下がってはいますけど。
給与額で PD の行き先を選ぶ人はほとんどいないでしょうけど、
おカネがないと自分や家族が生きていけないのも事実なので、参考にしてください。
ただし、保身のため助教以上のポストから動かずに、
若手の昇進を阻害して研究分野の衰退を招く人にはならないように。
実感では、研究教育職員の 2割はこれに該当します。